クライスラー200(ニューヨークモーターショー11)

クライスラーグループは、20日に開幕したニューヨークモーターショーにおいて、『200』シリーズの「S」グレードを初公開した。

クライスラー200シリーズは、従来の『セブリング』の後継車に当たるミッドサイズ車。2010年11月のロサンゼルスモーターショーにおいて、セダンが先行デビューした。

そして今年2月のシカゴモーターショーでは、オープン版の『200コンバーチブル』が登場。ただし、セダンの200が完全新設計だったのに対して、200コンバーチブルは『セブリングコンバーチブル』のビッグマイナーチェンジモデルとなっている。

今年のニューヨークでは、この両車にスポーツグレードの「S」を新設定。専用グリルやボディ同色ドアミラー、18インチアルミホイールなどで、スポーティな装いが強調された。

インテリアは、ブラック基調。ヒーター付きレザーシートやレザーステアリングホイール、スウェードドアトリム、出力276Wの「ボストン・アコースティックス」オーディオなどが奢られる。

エンジンは、3.6リットルV型6気筒ガソリン「ペンタスター」。最大出力283ps、最大トルク36kgmを引き出す。トランスミッションは6速AT。米国EPA(環境保護局)高速燃費は、29マイル/ガロン(約12.33km/リットル)だ。

200のSグレードは、今年6月以降に全米で発売。クライスラーブランドのオリバー・フランソワズ社長兼CEOは、「今回のニューヨークモーターショーがSグレードのデビューに最高の場となった。個性にあふれる2台だ」とアピールしている。

クライスラー200(ニューヨークモーターショー11) クライスラー200(ニューヨークモーターショー11) クライスラー200(ニューヨークモーターショー11) クライスラー200(ニューヨークモーターショー11) クライスラー200(ニューヨークモーターショー11) クライスラー200(ニューヨークモーターショー11)