日本車体工業会が発表した2010年度(2010年4月〜11年3月)の車工会会員の生産実績は、前年度比3.3%減の214万2398台と4年連続で前年を割り込んだ。

内訳は国内向けが同4.0%減の118万8931台で、輸出が同2.4%減の95万3467台だった。

生産車種の内訳では、乗用・小型商用・軽が国内向け、輸出ともに振るわず同4.4%減の191万4875台とマイナスとなった。トラックは同4.5%増の2万4145台と順調だった。国内トラック需要が補助金制度などの効果で好調だったため。バスは輸出が好調で同10.1%増10万8418台だった。

特装は国内向けが好調で同3.6%増の3万1725台と前年を上回った。特殊は同43.5%減の9299台とほぼ半減した。バンが同22.8%増の4万8776台、トレーラーが同45.6%増の5160台だった。