イメージ

23日午前4時35分ごろ、群馬県板倉町内の町道を走行していた乗用車が対向車線側へ逸脱。そのまま道路右側の街路樹に衝突する事故が起きた。この事故で運転者を含む2人が死亡。同乗者2人が重傷を負っている。

群馬県警・館林署によると、現場は板倉町朝日野3丁目付近で片側1車線の直線区間。乗用車は雨でスリップして対向車線側へ逸脱し、コントロールを失った状態で街路樹へ衝突したものとみられる。

衝突によってクルマは大破。運転していた同町内に在住する18歳の少年と、後部座席左側に同乗していた18歳の男性が頭部強打でまもなく死亡。助手席に同乗していた18歳の男性と、後部座席右側に同乗していた18歳の男性が頭部強打の重傷を負い、近くの病院に収容されている。

運転していた少年は今年3月下旬に免許を取得したばかり。事故の状況から、警察では速度超過とハンドル操作ミスが主因とみている。警察では被疑者死亡のまま、自動車運転過失致傷容疑で書類送検する方針だ。