日立建機が発表した2011年3月期の連結決算は、経常利益が前年同期比118.7%増の419億1200万円と倍増した。

売上高は同27.7%増の7737億6900万円と大幅増収となった。中国を中心とするアジアで建設機械の販売が好調だった。特に新興国向けの新型油圧ショベルと営業支援システムを導入し、需要の取り込みに成功した。

収益では、為替差損などもあったが、増収効果で営業利益は同111.0%増の415億1100万円だった。

同社は東日本大震災で工場の一部が損壊するなどの被害を受けたことから67億7900万円の特別損失を計上したが、最終利益は同175.9%増の110億8800万円となった。工場は3月28日に全面復旧し、被害は最小限にとどめた。

ただ、今期の通期業績見通しは東日本大震災の影響で合理的な予想が算定できないとして公表を見送った。