フォード・トーラス(ニューヨークモーターショー11)

フォードモーターは20日に開幕したニューヨークモーターショーにおいて、大幅改良を施した2013年モデルの『トーラス』を初公開した。

トーラスは、フォードブランドのフラッグシップセダン。日本にも、かつて正規輸入された過去がある。現行トーラスは6代目に当たり、2009年1月のデトロイトモーターショーでデビュー。それから約2年という短期間で、フォードは同車の大幅改良に踏み切った。

2013年モデルは、フロントマスクを一新。グリル、バンパー、ボンネット、ヘッドランプを新デザインとして、新しい表情を手に入れた。リアはLEDを使ったテールランプが新しい。

クオリティの高さが好評のインテリアは、さらにグレードアップ。ダッシュボードなどの素材見直しにより、質感を引き上げた。同社の車載テレマティクス、「SYNC」は最新世代の「マイフォードタッチ」に対応する。

メカニズム面では、フォード自慢の新世代環境エンジン、「エコブースト」の2.0リットル版を、同社の北米向けモデルとして初設定。この直噴2.0リットル直列4気筒ガソリンターボは、最大出力237ps、最大トルク34.6kgmとV6並みの力強さを発揮。それでいて、米国EPA(環境保護局)予想高速燃費は、31マイル/ガロン(約13.18km/リットル)と、大型セダンのクラストップレベルを実現した。

フォードモーターの米国部門、マーク・フィールズ社長は、「2013年モデルは、高品質かつ低燃費な車を顧客に届けるという我々のコミットメントの具体例」とコメントしている。

フォード・トーラス(ニューヨークモーターショー11) フォード・トーラス(ニューヨークモーターショー11) フォード・トーラス(ニューヨークモーターショー11) フォード・トーラス(ニューヨークモーターショー11) フォード・トーラス(ニューヨークモーターショー11) フォード・トーラス(ニューヨークモーターショー11) フォード・トーラス(ニューヨークモーターショー11)