マクドナルド、新世代デザインのドライブスルー店舗がオープン(イメージ)

日本マクドナルドは25日、日本初となる新世代デザインのドライブスルー店舗、石川県の野々市新庄店を4月27日にオープンすると発表した。同社では同形態の店舗を4月末までに3店舗オープンさせる。

新世代デザインのドライブスルーでは、注文窓口を2つにし、さらに会計と商品を受取る窓口を分けた。また、通常のドライブスルー店舗よりキッチン設備を拡充して、混雑を緩和し商品をより早く提供できる設計を採用した。

ドライブスルーの注文窓口は、店舗立地に合わせ縦列タイプと並列タイプの2種類を用意。既に、各機能は新世代デザイン・ドライブスルー店舗以外でも導入している店舗がある。

同社では、新形態の窓口導入だけでなく、店舗デザインにおいても「モーメンツ」、「フリーダム」2パターンのインテリアデザインや、環境に配慮したLED照明などを導入し、これまでのドライブスルー店舗のイメージを刷新するサービスを提供するとしている。

新世代デザイン・ドライブスルー店舗
●オープン日:店舗名
●4月27日:石川県石川郡「野々市新庄店」
●4月28日:広島県安芸郡「安芸府中店」
●4月28日:福岡県福岡市「薬院店」

マクドナルド、新世代デザインのドライブスルー店舗がオープン(イメージ) マクドナルド、新世代デザインのドライブスルー店舗がオープン(イメージ)