三菱コンセプトグローバルスモール(上海モーターショー2011)《撮影 三浦和也》

三菱自動車が発表した2010年度(2010年4月〜11年3月)の生産・国内販売・輸出実績によると、総生産台数は国内生産、海外生産ともに好調で前年度比25.8%増の118万5723台と3年ぶりにプラスとなった。

国内生産は同29,2%増の66万3320台と3年ぶりに前年を上回った。輸出が好調だったため。

国内販売は同4.2%減の16万3470台と2年ぶりにマイナスとなった。エコカー補助金制度終了による反動減で落ち込んだ。

輸出は同59.9%増の47万2143台と3年ぶりに前年を上回った。欧州向けが同199.8%増と約3倍に急増、アジアや北米向けも好調だった。

海外生産は同21.7%増の52万2403台と2年連続でプラスとなった。欧州が同30.3%減となったものの、アジアが同28.7%増と大幅に伸びた。北米も同44.7%増となった。