日野自動車の3月の国内生産台数は、前年同月比47.3%減の4727台となり、ほぼ半減した。東日本大震災の影響で国内の工場を生産停止したため。

国内生産の前年割れは17か月ぶり。

海外生産はアジアで増加し、同33.7%増の1206台と好調だった。グローバル生産台数は同39.9%減の5933台だった。

国内販売は同7.7%増の5111台と4か月連続で前年を上回った。震災前は環境に対応したディーゼル車などに対する補助金の効果で受注が好調だったほか、トラックは在庫が多いことから、操業停止の販売への影響に時差が生じることから販売はプラスとなった。

普通トラック市場のシェアは43.8%で、前年を4.3ポイント上回った。

輸出は同18.4%減の4867台と17か月ぶりにマイナスだった。中年米、オセアニア、中近東向けが減少した。