スズキ・パレット

スズキが25日発表した3月の生産・販売・輸出実績によると、3月の国内生産は、比較可能な1992年以来、全ての月を通じて過去最大の下げ幅だった。

東日本大震災の影響で3月は国内の生産が停止し、生産台数は前年同月にくらべ60.2%減の4万1790台に落ち込んだ。台数は比較可能な92年以来、3月として過去最低だった。

国内販売は軽自動車の販売が前年同月にくらべ37.8%減の4万6376台と、台数は1990年以来、3月として過去最低、下げ幅は全ての月を通じて過去最大だった。