20日午前3時10分ごろ、大阪府和泉市内の国道480号で、交差点を進行していた軽乗用車と原付バイクが出会い頭に衝突する事故が起きた。この事故でバイクを運転していた17歳の男性が死亡。警察はクルマを運転していた39歳の男を逮捕している。

大阪府警・和泉署によると、現場は和泉市池田下町付近。信号機が設置されているが、当時は軽乗用車側が黄色点滅、原付バイク側が赤色点滅だった。双方とも減速や停止を怠ったまま交差点に進入。出会い頭衝突に至ったものとみられている。

衝突によって原付バイクは転倒。新聞配達のアルバイトを行っていた17歳の男性は路上へ投げ出された際に頭部を強打。近くの病院へ収容されたが、まもなく死亡した。警察はクルマを運転していた泉大津市内に在住する39歳の男を自動車運転過失傷害の現行犯で逮捕。男性死亡後は容疑を同致死に切り替え、調べを進めている。

調べに対して男は「バイクが飛び出してきた。ブレーキを掛けたが間に合わなかった」などと供述しているようだ。