イメージ

18日午後7時30分ごろ、富山県砺波市内の国道156号で、徒歩で道路を横断していた77歳の女性に対し、進行してきた乗用車が衝突する事故が起きた。女性は収容先の病院で死亡。警察はクルマを運転していた18歳の少年を現行犯逮捕している。

富山県警・砺波署によると、現場は砺波市千代付近で片側2車線の直線区間。信号機や横断歩道は設置されていない。77歳女性は徒歩で道路を横断しようとしていたが、直後に左方向から進行してきた乗用車にはねられた。

女性はクルマのフロントガラスで頭部を強打。近くの病院に収容されたが、約1時間30分後に外傷性ショックなどが原因で死亡。警察はクルマを運転していた南砺市内に在住する18歳の少年を自動車運転過失傷害の現行犯で逮捕。女性死亡後は容疑を同致死に切り替え、調べを進めている。

現場は交通量の多い区間。付近に街灯が設置されておらず、夜間の見通しが悪いうえ、事故当時は雨が降っていたという。