玄葉光一郎国家戦略担当相(19日・内閣府)《撮影 中島みなみ》

玄葉光一郎国家戦略担当相(民主党政調会長)は「福島第一原発事故後に人への風評被害が広がっている」と、述べた。また、19日の閣議後の懇談で各閣僚に「できうる限り、絶対に起きないようにお願いした」と、した。

玄葉氏は「人への風評被害」について次のように話した。

「他県に福島ナンバーの車が止まっていると、どけと言われる。あるいは福島県の方が他県で旅館やホテルに宿泊しようとすると断られる。子供はまったく悪気がないと思うが、避難して学校に通う子供が、放射能がついてるのではないかと言われる。そんな話が私の事務所にもたくさん入ってくる」

「多くの国民は暖かく心の痛みを理解してサポートしているが、心ない一部の方々が、そういった対応をされるということが、本当に残念で、残念でならない」

玄葉氏は白河市、須賀川市など福島3区を地盤とする。