会見後、報道陣の取材に応じるトヨタ新美篤志副社長

トヨタ自動車の新美篤志副社長は22日、東日本大震災に伴う国内外の工場での操業休止や減産による影響台数が現時点で約40万台に上ることを明らかにした。

新美副社長は同日、東京本社で開いた今後の生産状況に関する会見後、一部報道陣に対しコメントした。生産への影響について新美副社長は「今までで40万台くらい。国内30万、海外が10万くらいのダメージ」と述べた。

一方、今後の影響台数については「どのくらいのカーブで立ち上げられるかわからない。(現在の)5割(稼働)から(通常稼働に戻る)11月、12月にかけてほぼリニアに上がっていくのか、もうちょっと早めに上がるのかというあたりが、もう少しするとわかってくるのではないか」とし、具体的な規模は示さなかった。

また770万台としている2011年の世界生産計画の見直しについては「普通に考えると見直すことになるだろうが、今後11月以降も含め、どのくらい挽回できるかによってもわからない」と明言を避けた。

会見後、報道陣の取材に応じるトヨタ新美篤志副社長