日産 ヴァーサセダン

日産自動車とヒュンダイ。米国新車市場において、最安値競争を繰り広げてきた両社だが、20日に開幕したニューヨークモーターショーで、その決着がついた。

今年のニューヨークモーターショーでは、日産が新型『ヴァーサセダン』(日本名:『ティーダラティオ』)を、ヒュンダイが米国仕様の新型『アクセント』を初公開。両車は従来、米国で1万ドル(約82万円)を切るベース価格を掲げ、「我こそは米国で最も安い新車」とアピールしてきた。その両車が同時にモデルチェンジを受けたわけで、2台の価格設定に注目が集まっていた。

まずは日産ヴァーサセダンだが、新型のベース価格は1万0990ドル(約90万円)に設定。従来の9990ドル(約81万8000円)は上回ったものの、日本円で90万円という圧倒的なコストパフォーマンスは健在だ。

一方のヒュンダイ・アクセントには、異変が起きた。新型のベース価格は1万2445ドル(約102万円)と、従来の9985ドル(約81万7000円)に対して、大幅な値上げに踏み切ったのである。この結果、日産ヴァーサセダンがアクセントを破り、米国最安値車に君臨した。

これまで日本車よりも安い価格設定を武器に、米国での販売を伸ばしてきたヒュンダイ。しかし、新型アクセントの価格設定からは、同社の方針転換が見て取れる。もはや、「価格に頼らずとも売れる」とのヒュンダイの自信の表れだろうか。

ヒュンダイ アクセント