日本航空(JAL)グループが発表した4月28日〜5月8日のゴールデンウィーク中の国内線の予約数は、前年同期比26.1%減の82万474人と大幅に減少している。

国内線は路線便数計画の見直しで提供座席数を同23.8%削減したが、予約数も供給減程度の水準で落ち込んでいる。東日本大震災の影響で、観光旅行を自粛するムードが拡がり、予約の入りが例年より遅かった。ただ、4月中旬から回復傾向が見られ、予約率は上昇している。

方面別では、沖縄、北海道方面が人気なほ、東北・北陸方面の予約率も高くなっており、経済面で東北地方を支援する動きも目立つ。

国際線の予約数は同32.8%減の20万8486人と大幅マイナスとなっている。提供座席数は同24.2%減の29万8247席で提供座席の削減以上の落ち込み。ただ、近距離、長距離路線ともにダイナミックセイバー運賃を中心に個人型旅行の予約は好調。

また、日本発ビジネスクラスの利用も好調で、ピーク日には95%を超える予約率と、ほぼ満席となっている。