ワールドカーデザイン、アストンマーチン・ラピード

ワールドカーオブザイヤー(WCOTY)主催団体は21日、ニューヨークモーターショーの会場において、「2011ワールドカーデザインオブザイヤー」をアストンマーチンの4ドアスポーツ、『ラピード』に授与した。

2011ワールドカーデザインオブザイヤーは、2010年に発売された新型車の中から、優れたデザインを持つ車に授与されるもの。世界24か国66名のジャーナリストに、5人のデザインエキスパートが加わり、審査が行われた。

最終選考3台の中から、2011ワールドカーデザインオブザイヤーに選ばれたのは、アストンマーチン『ラピード』。アルファロメオ『ジュリエッタ』と、フェラーリ『458イタリア』を抑えての栄冠だ。

ワールドカーオブザイヤー主催団体は、「ラピードは最も成功したフル4シーターのグランドツーリングカー」と評価。アストンマーチンのデザインを統括するMarek Reichman氏は、「競走馬のような力強さと上品さを備えたのがラピードなのです」とコメントしている。

過去の受賞車は、06年がシトロエン『C4』、07年が アウディ『TT』、08年がアウディ『R8』、09年がフィアット『500』、10年がシボレー『カマロ』。アストンマーチンは、初の受賞となった。

ワールドカーデザイン、アストンマーチン・ラピード