トヨタRAV4(北米仕様)

米国トヨタ販売は21日、『RAV4』と『ハイランダー』のSUV2車種の合計30万8000台について、エアバッグの不具合によりリコール(回収・無償修理)を行うと発表した。

今回のリコールは、カーテンシールドエアバッグのセンサー部品の不具合によるもの。米国トヨタ販売によると、車両の傾きを検知する2種類のセンサーのひとつに不具合があり、エアバッグが正常に作動しない可能性があるという。

リコールの対象となるのは、2007〜08年モデルのRAV4が21万4000台、08年モデルのハイランダー(ハイブリッド含む)が9万4000台の合計30万8000台。米国トヨタ販売は交換部品が用意でき次第、5月をメドに改修作業を開始するしている。

なお、今回のリコールは北米仕様だけが対象。米国トヨタ販売は、「北米以外の市場には、このロール検知型のカーテンシールドエアバッグは導入されていない」と説明している。

注:RAV4北米仕様は日本市場の『ヴァンガード』に相当するモデル、ハイランダーは日本に導入されていない。

トヨタ・ハイランダー(北米仕様)