日本ペイントは、東日本大震災の影響で自動車メーカーの国内の操業が停止していることなどから2011年3月期売上高が従来予想よりも16億円マイナスの2274億円に下方修正した。

震災の影響で自動車用塗料をはじめ、主要取引先が操業停止や減産したため。

減収によって収益も悪化するものの、原価低減の効果がこれをカバーして予想を上回るため、営業利益は前回予想よりも4億円増の159億円、経常利益は2億円増の201億円となる見通し。

最終利益は15億円増の144億円に上方修正した。

ただ、単独決算の最終利益は、震災の影響で生産拠点の一部が被害を受けたことによる災害損失や、財政状態の悪化している英国子会社の株式評価の見直しを実施したことによる関係会社株式評価損を特別損失として計上、前回予想よりも13億円マイナスの43億円に下方修正した。