【ニューヨークモーターショー11】サイオン FR-S…トヨタ FT-86 がアグレッシブに変身

米国トヨタ販売は、20日に開幕したニューヨークモーターショーにおいて、コンセプトスポーツクーペのサイオン『FR-S』を初公開した。

同車は、トヨタ自動車が3月のジュネーブモーターショーで披露した小型FRスポーツコンセプト、『FT-86II』のサイオン版。サイオンはトヨタの北米における若者向けブランドに位置づけられており、現地ではFT-86IIの市販版は、サイオンから発売される。

サイオンFR-Sは、トヨタFT-86IIに対して、エクステリアを変更。フロント周りでは、バンパーやヘッドライトが専用設計された。リアは、大型のディフューザーが目を引く。トランクのウィングは取り払われ、「SCION」のロゴを刻印。テールランプも新デザインだ。

サイドビューでは、FT-86IIにあったフロントフェンダーのエアベントを廃止。ドアミラーは小さくなり、専用の20インチアルミホイールが装着された。コードレッドと呼ばれる鮮やかな赤いボディカラーの効果もあって、サイオンFR-SはFT-86IIよりもアグレッシブさを増した印象を受ける。

エンジンなどのメカニズム面は、「水平対向の直噴自然吸気エンジン」と公表されただけで、排気量は明らかになっていない。トランスミッションは6速MTに加えて、6速ATが用意される。

サイオンFR-Sの市販版は、2012年に米国市場へ投入。米国トヨタ販売のジャック・ホリス副社長は、「社長の豊田章男は、トヨタ車にファントゥドライブ精神を復活させようと考えている。サイオンFR-Sは彼の考えを現実にする1台」と語っている。

【ニューヨークモーターショー11】サイオン FR-S…トヨタ FT-86 がアグレッシブに変身 【ニューヨークモーターショー11】サイオン FR-S…トヨタ FT-86 がアグレッシブに変身 【ニューヨークモーターショー11】サイオン FR-S…トヨタ FT-86 がアグレッシブに変身 【ニューヨークモーターショー11】サイオン FR-S…トヨタ FT-86 がアグレッシブに変身 【ニューヨークモーターショー11】サイオン FR-S…トヨタ FT-86 がアグレッシブに変身