17日午前0時30分ごろ、香川県高松市内の国道11号を走行中の乗用車が中央分離帯を乗り越えて対向車線側へ逸脱。対向車線を走行していた軽乗用車と衝突する事故が起きた。この事故で軽乗用車を運転の女性が死亡。乗用車側の3人が重軽傷を負っている。

香川県警・高松南署によると、現場は高松市栗林町1丁目付近で片側3車線の直線区間。乗用車は猛スピードで走行していたが、車線変更を行った際に路外へ逸脱。弾みで中央分離帯を乗り越えて対向車線側へ進入し、対向車線を順走していた軽乗用車と衝突した。

双方のクルマは衝突によって大破。軽乗用車を運転していた同市内に在住する45歳の女性は全身を強打してまもなく死亡。乗用車の後部座席に同乗していた18歳の男性が頭部強打の重傷。助手席に同乗していた18歳の男性も打撲などの軽傷を負った。警察は乗用車を運転していた多度津町内に在住する18歳の少年を自動車運転過失傷害の現行犯で逮捕。女性死亡後は容疑を同致死に切り替え、調べを進めている。

調べに対して少年は「前にいたバイクを追い抜こうとした」などと供述しているようだ。少年が運転免許を取得したのは9日前だったという。