新井選手

20日、スバルテクニカインターナショナル(STI)は、新井敏弘選手、奴田原文雄選手がそれぞれのチームで、2011年のIntercontinental Rally Challenge(IRC)に「R4」規定のスバルインプレッサで参戦することを発表した。

それぞれのチーム体制は、新井選手が「TEAM ARAi」としてのエントリーとなり、奴田原選手が「ADVANチーム奴田原(仮称)」からのエントリーとなる予定だ。

TEAM ARAiはアライモータースポーツが運営するチームで、これまでPWRCをメインに参戦していたが、2011年はPWRC(予定では北海道ラリーに参加)の他、IRCに5戦(フランス、ポルトガル、ハンガリー、スコットランド、キプロス)ほど参戦する。奴田原選手はIRCのためにADVANの支援を受け新しいチーム体制で3戦(ポルトガル、チェコ、スコットランド)に挑む。

STIは、『インプレッサ』向けのR4公認パーツを開発し、これらのチームに供給する。タイヤは両チームともADVANのサポートを受けることになる。それぞれのチームは、ヨーロッパのエンジニアやスタッフが実際の車両製作なども担当するそうだ。

参戦にあたって、両選手は次のようにコメントしている。

「IRCは、現在ガチガチにFIAルールで規制されたWRCにとらわれない形式のラリーや昔のラリーなどもあり、とても面白いラリーと聞いています。R4パーツの開発も順調で、とくにグループNより軽量化とサスペンションの構造変更などの効果を実感しています。グラベルなら表彰台も狙えるのではないかと期待しています。また、タイヤメーカーが横浜ゴムになったので、ピレリのときにできなかった、タイヤの開発に直接携われるのも助かっています」(新井選手)

「IRC参戦はとても緊張していると同時にとても興奮もしています。長年ランサーに乗ってきましたが、R4仕様のインプレッサは運転していてとても楽しい車です。まだ2回ほどのテスト車両による走行ですが、ハンドリングが素直と感じました。新井選手とはライバルのように言われていますが、実際には友人みたいなもので、二人でIRCに参加できることをうれしく思っています。IRCは2010年のチェコにスポット参戦していますが、街中でスーパーSSを開催するなどWRCにはない面白さがあるイベントです」(奴田原選手)

WRCにおいて新井選手といえば、インプレッサにピレリタイヤの組み合わせが定着している。これに対して奴田原選手はADVANカラーの『ランサー』が有名だ。IRCでは、インプレッサにADVANタイヤという関係になる。

また、新井選手と奴田原選手のチームにパーツ供給を行うことに対して、STI主査 嶋村誠氏は次のように語る。

「正直なところ、三菱車と関係の深いチームへの支援に反対する意見もありました。しかし、モータースポーツを盛り上げたい気持ちに違いはなく、STIにとっては自社のパーツを使ってくれるユーザーには変わりはないので、差別する必要はないとの認識でユーザーチームをサポートしていきます」(嶋村氏)

続けて嶋村氏は、IRC参戦でWRCのサポート体制について、「R4パーツはWRCで使用することが認められています。PWRCやWRCなどに出場するチームにはこれまでどおりグループNの車両やパーツにくわえ、R4パーツもラインナップされることになります」と語る。

R4インプレッサのデビューは5月のフランス(ツール・ド・コルス)からの予定だ。

奴田原選手 STI嶋村主査 STI