イージーグライダー

東京ビッグサイトで開催された「イベントJAPAN2011」(19〜20日)に、奇抜な電動三輪車が登場した。名前は『イージーグライダー』で、これまでになかったような乗り物だ。

開発したのはスイスのメーカーで、横浜市のサニーカラー・ジャパンと兵庫県西宮市のぷらんとがそれぞれ東日本と西日本を担当して輸入販売を手掛ける。「今回の展示会が日本での初披露で、昨日(19日)に発売したばかりなんです」とぷらんとの小泉拓社長は説明する。

何となく小型耕耘機に似ていなくもないが、前輪の中にリチウムイオン電池やモーターなどが収納されている。最高速度は20km/hで、8時間の充電で約20km走ることができる。操作はオートバイと同様にハンドルのスロットルを回して走り、手元と足元のブレーキで止める。

「前輪にバッテリーなどが入っているため、少しハンドルが重たいですが、慣れれば誰でも簡単に運転できます」とのこと。ただ、公道ではまだ走ることができず、私有地のみ。そのため、遊園地などに販売していく方針だ。

「うちとしては5台ワンセットにして、95万円で売っていこうと考えています。初年度は何とか50台を売りたいですね」と小泉社長は話していた。

イージーグライダー イージーグライダー