フォルクスワーゲン・ポロ

フォルクスワーゲン・グループ・ジャパンは、コンパクトカー『ポロ』が国土交通省と独立行政法人自動車事故対策機構(NASVA)が実施した2010年度自動車アセスメント(JNCAP)の衝突安全性能総合評価で、運転席と助手席に関して輸入車初となる最高の6つ星プラスを獲得したと発表した。

JNCAPは、フルラップ前面衝突やオフセット前面衝突、側面衝突に加え、後面衝突頚部保護性能、歩行者頭部保護性能、ブレーキ性能試験、後席シートベルト使用性評価、安全装置の装備状況など、多面的な安全性能を総合的に評価する制度。

同社では今回実施された自動車アセスメントでVW車のボディ剛性や効果的なクラッシャブルゾーンによる乗客保護性能の高さ、全車に標準装備されるESP(横滑り防止装置)、カーテンエアバッグを含む6エアバッグ、フォースリミッター付きシートベルトテンショナーなどの安全装備が効果的に乗員の傷害値を低減し、輸入車初の最高評価となる6つ星プラスを獲得できたとしている。

ポロは、欧州で実施されているユーロNCAPでも最高評価の5つ星を獲得している。

フォルクスワーゲン・ポロ フォルクスワーゲン・ポロ フォルクスワーゲン・ポロ