トヨタ テキサス工場

トヨタ自動車は、北米と中国の工場で生産調整を実施すると発表した。東日本大震災の影響による部品供給の滞りが海外工場にも波及し始めた。

トヨタは米国工場について4月26日から6月3日までの間、月曜日と金曜日は稼働を休止する。また、火曜日から木曜日にかけても通常の5割程度に生産を落とす。また、カナダでは5月23日の週、米国では5月30日の週にそれぞれ稼動を休止する。

中国では、4月21日から6月3日までの全完成車工場の生産を通常の30〜50%程度の操業とし、これに伴って、各部品工場の生産も調整するほか、中国の全ての工場で7月以降に予定していた夏期連休を4月末から5月上旬に振り替える。

北米、中国の工場での今後の生産は部品の供給状況を見て決定する。