フォルクスワーゲン E-スクーター(上海モーターショー11)

19日に開幕した上海モーターショー。『ザ・ビートル』一色となったフォルクスワーゲンブースだが、もう1台、驚きを持って迎えられたモデルがあった。それは、電動スクーターだ。

この電動スクーター、名前は『E-スクーター』と呼ばれる。デザインはシンプルかつモダンで、車輪の中央には、「VW」のエンブレムが装着される。

パワーユニットは、最大出力350Wのモーターとニッケル水素バッテリーで構成。最高速は48km/hで、1回の充電で最大40kmを走行できる。モーターの最大出力を700Wに引き上げ、リチウムイオンバッテリーを組み合わせた仕様も計画中だ。

E-スクーターは、現時点ではコンセプトモデル。しかしフォルクスワーゲンは2012年、このE-スクーターを中国の大都市でリース及びレンタルする方針と伝えられる。

フォルクスワーゲン E-スクーター(上海モーターショー11) フォルクスワーゲン E-スクーター(上海モーターショー11) フォルクスワーゲン E-スクーター(上海モーターショー11) フォルクスワーゲン E-スクーター(上海モーターショー11) フォルクスワーゲン E-スクーター(上海モーターショー11)