建設中のシェファード・フラット風力発電所

住友商事と伊藤忠商事は、米国オレゴン州で世界最大級となる845MWのシェファード・フラット風力発電事業に資本参加した。

事業は米国GEグループ、住友商事、伊藤忠商事、Googleと米国大手発電開発・運営会社であるシェファードをパートナーとする共同事業。

総事業費約20億ドルを投じて約80平方kmという広大な土地に、米GE製の2.5MW風力タービン338基を設置する。2012年夏の完工時点で世界最大の風力発電所となる予定。

米国の一般家庭23万5000戸以上の家庭に供給可能な電力を提供するとともに、約20万台の乗用車が年間に発生するCO2量と同等の年間150万tのCO2を削減する事業となる。

住友商事、伊藤忠商事はGoogleとともに、3社で合計約5億ドルを投資する。

住友商事グループでは再生可能エネルギービジネスを注力分野の一つと位置付け、風力発電事業、バイオマス発電事業、太陽光発電事業を国内外で積極的に展開している。

伊藤忠商事は発電事業分野を注力分野の1つと位置づけ、全世界で事業の拡大に積極的に取り組んでおり、特に北米では、全米で15か所以上の発電所の経営や開発に携わっている。

両社は今後も再生可能エネルギーを活用する発電資産を含む発電分野への投資機会を積極的に追求していく方針。