日本を代表する多くのレーシングドライバーを輩出した伝統のレース、富士チャンピオンレースシリーズが開幕する

JAF公認のアマチュアレース「富士チャンピオンレースシリーズ」が4月23日・24日、富士スピードウェイで開幕する。日本を代表する多くのレーシングドライバーを輩出した伝統のレースで、今シーズンは全6戦を予定している。

2011年シリーズでは、『レビン』、『トレノ』、『カローラアクシオGT』、『MR2』、『シルビア』などの参加車両がクラス別にレースを行うほか、「ロードスターカップ」「N1400」「FJ1600・S-FJ」「F4」「フォーミュラチャレンジ・ジャパン(FCJ)」など 、12のレース区分でレースが行われる。

また、第1戦から第3戦の3大会は「東日本大震災復興支援大会」と位置づけ、レース参加費の一部(1000円/台)や「がんばろう!ニッポン」ステッカー(500円/枚)の売り上げが、東日本大震災支援モータースポーツ口座を通じて日本赤十字社に寄付される。

富士チャンピオンレースシリーズ
●入場料:1000円(駐車料含む/中学生以下保護者同伴時無料)

(開催スケジュール)
大会名:日程
第1戦:4月23日予選・24日決勝
第2戦:5月15日予選・決勝
第3戦:6月26日予選・決勝
第4戦:9月3日予選・4日決勝
第5戦:10月2日予選・決勝
第6戦:11月20日予選・決勝

日本を代表する多くのレーシングドライバーを輩出した伝統のレース、富士チャンピオンレースシリーズが開幕する