イメージ

宮崎県警は16日、宮崎県都城市内の県道で飲酒運転を行ったとして、20歳の陸上自衛官の男を道路交通法違反(酒気帯び運転)の現行犯で逮捕した。クルマが車線で止まったままだったことを不審に思った通行人が通報したことで発覚したという。

宮崎県警・都城署によると、逮捕された男は16日の午前6時ごろ、都城市都島町付近の県道で自己所有の乗用車を酒気帯び運転した疑いがもたれている。

男はクルマを運転中に居眠りしたとみられ、車線中央で立ち往生していた。これを目撃した通行人が「運転中の人が意識を失っているようだ。急病ではないのか?」と地元の消防に通報。駆けつけた消防隊員がクルマを窓をノックしたところ、目覚めた男は慌ててクルマを発進。そのまま前方の斜面に衝突したという。事故によるケガはなかった。

消防隊員は男の呼気が酒臭いことに気づいて警察に通報。駆けつけた同署員が行ったアルコール検知で酒気帯び相当量のアルコール分が検出したことから、道交法違反で逮捕した。