トヨタ豊田社長(上海モーターショー11)

トヨタ自動車の豊田章男社長は19日午前のトヨタブランドのプレスコンファレンスでスピーチし、冒頭、東日本大震災に対する中国政府や国民の支援に対し謝辞を述べた。

そのうえで豊田社長は「日本の大きな困難にチャレンジして『もっといクルマ』を世界に届けるよう努めるのが自分の使命」だとし、「創業の精神」に立ち返って、復興に取り組む考えを表明した。

上海ショーでは富士重工業と共同開発中の『FT−86II』をメインに据え、豊田社長は「もっと走りたくなるといったコンセプトのクルマ」とし、来年には中国で発売する計画を明らかにした。

また、3月に策定したグローバルビジョンについても触れ「期待を上回るクルマをつくり、トヨタを選んでいただいたお客様に笑顔になっていただきたい」と強調した。

FT-86II コンセプト FT-86と頭文字Dハチロク(上海モーターショー11)