トヨタ豊田社長(上海モーターショー11)

全体相場は3日続落。大手格付会社の米国債の見通し引き下げを受け、欧米市場が急落。円高も加わり輸出関連株が売られ、東証1部銘柄の8割近くが下落した。平均株価は前日比115円安の9441円と、3月24日以来約1か月ぶりの安値水準に下落した。

自動車株はほぼ全面安。トヨタ自動車が100円高の3125円と大幅続落。ホンダが33円安の2948円、日産自動車が6円安の709円と下落した。

こうした中、日野自動車が4円高の381円と続伸し、いすゞが6円高の324円と小反発。

日産ティーダ新型中国仕様(上海モーターショー11)