3月31日時点で稼働していた仙台市内のSSで給油するには整理券が必要となった

石油連盟が18日公表した、東北6県における元売り7社のサービスステーション(SS)の稼働状況によると、4月6日から15日までに新たに69件(6県合計)のSSが営業を再開した。震災で影響を受けた2873件のSSのうち、15日現在、2647件(92%)が営業を再開した。

一方で、営業可能ではあるが、被災により運営者がいないSS、在庫がないSSが15件(1%)、設備・構築物等が損壊、消失等により、再開が困難なSSが211件(7%)残る。被害の大きい宮城県、岩手県の復旧状況は80%台となっている。

4月15日
営業中のSS数(%)
●青森:418(99%)
●秋田:365(100%)
●岩手:402(87%)
●宮城:489(85%)
●山形:362(99%)
●福島:611(90%)
合計:2647(92%)

6日以降新たに営業を再開したSS
●青森県:13
●秋田県:1
●岩手県:10
●宮城県:25
●山形県:6
●福島県:14
合計:69

3月31日時点で稼働していた仙台市内のSSで給油するには整理券が必要となった 3月31日時点で稼働していた仙台市内のSSで給油するには整理券が必要となった 3月31日時点で稼働していた仙台市内のSSで給油するには整理券が必要となった 石油連盟が発表した東北6県におけるSSの稼動状況(元売7社合計)