日本精工は、4月19日から4月28日まで、中国・上海市上海新国際博覧センターで開催される「上海モーターショー2011」に出展すると発表した。

今回の上海モーターショーには、「環境・安全の向上に貢献するNSK(日本精工)技術」をテーマに、中国の市場環境に適した信頼性の高い製品に加えて、小型・軽量化により摩擦損失を低減した環境性能の高い製品、ハイブリッドカー向け製品などの高機能な製品を展示する。

具体的には、小型・軽量化、低トルク化、センサなど周辺部品と一体化するモジュール化を進めたハブユニット軸受や電動パワーステアリングを展示する。さらに、エンジン周辺のスタータ、エアコン、ワイパー、パワーステアリングアシストモータなど、高温下や振動条件で使用される電装品に組み込まれる軸受、フリクションプレートやワンウェイクラッチなど、オートマチックトランスミッションの内部に使われる関連製品を紹介する。