シボレー クルーズ

GMは15日、シボレー部門の2011年第1四半期(1〜3月)の世界新車セールスの結果を公表した。総販売台数は、過去最高の約110万台。前年同期比は15%増とした。

市場別では、地元の米国が41万6505台でトップ。前年同期比23%増を記録した。米国に続いたのが中国で、17%増の15万9303台。ブラジルは14万2734台を売り上げたものの、前年同期比は9%減と後退した。欧州は、前年同期比7%増の11万2482台。

車種別では、小型セダンの『クルーズ』が、前年同期比117%増の15万0652台と牽引。米国や中国での人気が、販売を押し上げた。クルーズは2009年の欧州投入以来、全世界で累計約60万台を販売している。

GMは2011年3月、韓国市場に従来の「GMデーウ」に代えてシボレーを投入したばかり。GMのグローバルマーケティング担当責任者、ジョエル・エワニック氏は、「第1四半期の結果は、シボレーの新商品に対する好意的反応の証。韓国をはじめ、南米、欧州、アジアなどでさらなる攻勢に出る」と述べている。