三洋電機 徳島県の多機能防災システムに太陽電池と蓄電用リチウムイオン電池を納入

三洋電機は、徳島県が開発する「多機能防災システム」向けに世界最高水準の変換効率を持つHIT太陽電池と蓄電用リチウムイオン電池システムを納入した。

多機能防災システムは、徳島県内の県営施設に3台設置して3月31日から稼働している。三洋電機の太陽電池システムや蓄電池システムに徳島県の研究機関、企業、大学などの保有する技術を融合したシステムとなっている。

システムは、太陽電池、蓄電用リチウムイオン電池、LED照明、LEDディスプレイを組み合わせたもので、災害時には災害情報を表示したり、非常用電源として携帯電話や充電池などの充電などに対応する。また、夜間照明やイベント時の簡易電源、施設案内やイベント情報の表示などで通常時にも活用できる。

太陽電池と蓄電用リチウムイオン電池システムを組み合わせることで、夜間や雨、停電時でもシステムを稼働させることが可能。太陽電池の出力が不足した場合、安価な夜間電力で蓄電用リチウムイオン電池を充電してシステムを利用できる。さらに蓄電用リチウムイオン電池システムにはACコンセントを搭載しており、緊急時には非常用電源として、外部機器に電力を供給できる。

同社は、徳島県内にリチウムイオン電池の主要生産拠点があり、徳島県を事務局とする産学官連携による「徳島県次世代エネルギー活用促進研究会」で、リチウムイオン電池を活用した地域産業活性化に向けた取り組みを共同で進めており、今回の取り組みもこの一環。同社では今後も太陽電池と二次電池を融合できるシステムの開発、商品化、普及に注力していく。

三洋電機 徳島県の多機能防災システムに太陽電池と蓄電用リチウムイオン電池を納入 三洋電機 徳島県の多機能防災システムに太陽電池と蓄電用リチウムイオン電池を納入