公開されたホンダ埼玉製作所の生産ライン

ホンダは、震災の影響で発売が延期されている『フィットシャトル』の生産を、GW開けにも開始することを明らかにした。

ホンダは18日、埼玉製作所と鈴鹿製作所で工場見学会を開催した。

見学会の質疑応答で、埼玉製作所所長の片山行執行役員は、「電力事情などを鑑みると埼玉製作所の生産制約は大きいと判断した。フィットシャトルの生産は鈴鹿で、GW開けに生産を開始する予定だ」と述べた。

なお、フィットシャトルの正式な発表、発売時期に関しては「調整中」(片山執行役員)とした。

埼玉製作所の生産稼働率は5割程度。被災した栃木製作所の従業員が業務に取り組むためのサテライトオフィスを設けており、約500人が埼玉製作所で業務にあたっている。

埼玉製作所に設けられたサテライトオフィス ホンダ 埼玉製作所 ホンダ 片山行執行役員