川島織物セルコンは、東日本大震災の影響から2011年3月期の通期連結業績見通しを下方修正した。

売上高は従来予想よりも25億円マイナスの410億円に下方修正した。震災の影響で自動車メーカーの操業が停止して自動車内装材の売上げが急減したほか、地震の影響で消費マインドが低下して身装・美術工芸事業も減収となるため。

営業利益は3億円マイナスの3億5000万円にとどまる見込み。事業別の営業利益と経常利益は、身装・美術工芸事業とインテリアファブリック事業は黒字で、自動車・列車・航空機内装材事業は赤字の見込み。

経常損益は3億円の黒字を見込んでいたが1億6000万円の赤字となる。

最終赤字は6億5000万円の赤字を予想していたが、経常赤字に加えて固定資産の減損損失、固定資産の除却損の計上で14億5000万円の赤字と、前年同期並みの赤字となる見込み。