古野電気が発表した2011年2月期の連結決算は、経常利益が前年同期比38.7%増の13億5400万円と大幅増益になった。

売上高は同13.3%減の737億2400万円と減収だった。産業用電子機器の分野では、GPS搭載カーナビゲーションシステムなどの市場は堅調に推移したものの、ETC車載器は、高速道路の料金割引制度の影響で需要が大幅に減少したため。商船市場向け舶用電子機器も減少した。

収益では経費削減の効果などから、営業利益は同6.8%増の12億3800万円と増益だった。当期純利益は3億4300万円と黒字となった。前年同期は32億円の赤字で大幅に収益が改善した。

今期の業績見通しは売上高がカーナビやセキュリティ向けに新製品を投入するため、同3.1%増の760億円と増収を見込む。営業利益は同3.1%減の12億円、経常利益が同4.0%減の13億円、最終利益が同31.0%増の4億5000万円となる見通し。

東日本大震災による影響は予測が困難なため、業績予想には反映していない。