日本精工 冷間成形ハブユニット軸受の特徴と開発課題

日本精工は、軸受製造時の環境負荷低減に貢献する冷間成形ハブユニット軸受を世界で初めて量産化した。

自動車の低燃費対応が急務となっており、軸受メーカーにとっても軸受製造時の環境負荷低減が大きな課題となっている。

同社はハブユニット軸受のハブシャフトの工作を、従来の熱間鍛造から冷間成形にすることに成功し、世界で初めて市場投入した。

ハブシャフトを冷間成形する場合、加工荷重が増大する課題があった。同社は新たに「側方押出し工法」を開発することで、加工荷重を低減した。

また、冷間成形化により、軸受製造時の電気エネルギーと鋼材使用量を削減、軸受を従来比で5%軽量化できる。

ハブシャフト鍛造時の材料加熱エネルギーを約70%低減したほか、ハブシャフト製造時の鋼材使用量も20〜30%低減できる。

日本精工 側方押出し工法