日本自動車連盟(JAF)が発表した2010年度(2010年4月〜2011年3月)のロードサービス実施件数は前年度比3.1%増の259万8244件となった。件数で前年より7万7886件増加した。

高速道路無料化の社会実験で高速道路利用者が増加したことや、夏の記録的な猛暑によるバッテリー上がりやパンクの増加、冬の局地的な豪雪による救援依頼の増加などでロードサービスが増えた。

また、JAFでは2010年度からロードサービスの対象に、法人タクシーや事業用自動車、車両重量3001キロ以上の車を拡大した。これらの拡大対象となった車両の救援は1万1439件だった。

地域別では最も伸び率が高かったのが東北本部で同9.7%増の15万7034件だった。全地域で前年を上回ったが最も伸び率が低かったのは九州で同0.7%増とほぼ横ばいだった。