シボレー カマロ 2012年モデル

GMは13日、米国向けシボレー『カマロ』に2012年モデルを設定した。

2012年モデルのハイライトが、V6エンジンの改良。新しい直噴3.6リットルV型6気筒ガソリンユニットは、エグゾーストマニホールド一体のシリンダーヘッドや大型インテークバルブなどを新採用。最大出力は従来比で11psパワーアップして323psを発生する。それでいてGMによると、燃費性能は従来通りだという。

「FE4」と呼ばれる高性能サスペンションパッケージもアップグレード。ダンパー減衰力の見直し、スタビライザーの大径化、20インチタイヤの採用など、カマロの最強グレード、「ZL1」開発のノウハウが導入された。

内外装では、ダッシュボードやステアリングホイールのデザインを変更。新形状のリアスポイラーが全車に標準となり、テールランプも「RS」グレードのスポーティなデザインに統一されている。

2012年モデルのカマロは、20日に開幕するニューヨークモーターショーで初公開。「45thアニバーサリーエディション」も用意され、全米では今夏から販売がスタートする。

シボレー カマロ 2012年モデル シボレー カマロ 2012年モデル シボレー カマロ 2012年モデル シボレー カマロ 2012年モデル