東北電力は、今夏の電力の供給見通しを1210万kW程度に上方修正した。

これまで今夏の電力供給見通しは1150万kWとしていた。常磐共同火力の勿来発電所8、9号機が今夏までの運転再開の目途が立ったことから、同発電所からの受電分合計60万kWを今夏の供給力に計上したため。

東北地区の8月の最大電力使用量は1300万〜1380万kW程度で、不足電力は残り90万〜170万kW。