清掃機器のケルヒャー・ジャパンは、東日本大震災で清掃機器が水没・破損したケースへの特別対応を4月15日から開始する。

津波で水没・破損した清掃機器は、修理しても廃棄処理するにしても多大なコストがかかる。業務用製品向けには、水没・破損した業務用高圧洗浄機、業務用床洗浄機、業務用スイーパー(他社製品を含む)を対象に、同等機種を応援価格として希望小売価格の半額で販売したうえで破損した機器を無償で引き取る。

被災企業などの業務再開の負担の軽減のため支援する。

家庭用製品については3年以内に購入したケルヒャー家庭用製品が水没・破損した場合、無償で修理、または交換する。3年以上前の場合は、参考価格の3割引相当で新品を販売する。

同社は救援物資として宮城県に業務用高圧洗浄機を計50台、被災地のホームセンターへ家庭用高圧洗浄機を計200台無償提供するなど、被災地の復興を支援している。