デンソーブースイメージ(上海モーターショー11)

デンソーは、4月21日から28日まで中国上海市で開催される「第14回上海国際自動車工業博覧会」(上海モーターショー2011)に出展する。

今回、環境、安全、快適、利便の各分野の代表的製品を展示し、同社が展開する幅広い技術を中国市場で訴求する。

環境分野では、燃費向上に貢献するアイドルストップシステム用の3種類の最新スターターやハイブリッドシステム製品、ガソリン直噴用製品を紹介する。

安全分野では複数のセンサーを組み合わせ、歩行者の動きなど、車両周辺の状況を検出することで安全に貢献する「センシングシステム」を紹介する。

快適分野ではコンプレッサーの消費動力を大幅に低減した「エジェクタ式カーエアコンシステム」、利便分野ではナビゲーションシステムやオーディオ、エアコンなどをドライバーが手元で自在に操作できる「リモートタッチコントローラ」などを展示する。

さらに、中国で市販しているスパークプラグや車載用プラズマクラスターイオン発生機なども展示する。