スタンレー電気は、2011年3月期の通期連結業績見通しを下方修正した。

東日本大震災の影響で、ホンダなどの自動車メーカーが操業が停止し、自動車用ランプの売上げが予想を下回ったことから、売上高は従来予想よりも124億円マイナスの2476億円となった模様だ。

減収の影響で営業利益は46億円マイナスの299億円、経常利益も46億円マイナスの324億円にそれぞれ下方修正した。

また、同社子会社のスタンレー宮城製作所、スタンレーいわき製作所の建物と設備が損壊したことから損害額約14億円を特別損失に計上する。

最終利益は200億円を予想していたが169億円となり前年同期と比べて最終減益となる見通し。

期末配当は従来通り1株当たり13円を維持する。