12日午前1時5分ごろ、千葉県船橋市内の国道16号で、車線変更しようとしていたトラックが、後ろから進行してきた大型ダンプトラックと衝突する事故が起きた。ダンプは横転。運転者が負傷したほか、積荷の砂利が周囲に散乱するなどの被害が出た。

千葉県警・船橋東署によると、現場は船橋市小室町付近で片側3車線の直線区間。トラックは第1車線から第2車線に向けて車線変更していたが、第2車線を進行してきた大型ダンプトラックと衝突。ダンプは衝突を回避しようと急ハンドルを切ったため、弾みで横転した。

この事故でダンプトラックを運転していた茨城県古河市内に在住する37歳の男性が打撲などの軽傷。積荷の砂利が周囲に散乱し、現場付近は撤去作業のため約6時間に渡って車線規制が実施されている。

警察ではトラックを運転していた静岡県焼津市内に在住する52歳の男性が安全確認を怠ったことが事故につながったとみて、この男性から自動車運転過失傷害などの容疑で事情を聞いている。