JVCケンウッド・ホールディングスは、2011年3月期の連結決算業績見通しを修正した。

売上高は前回予想より80億円マイナスの3520億円と、ほぼ予想通りとなる見込み。

営業利益は110億円を予想していたが125億円、経常利益は45億円から70億円に上方修正した。カーエレクトロニクス事業で市販分野とOEM分野それぞれが海外を中心に予想以上に好調に推移し、収益が予想を上回る見通し。

日本ビクターとケンウッドが経営統合してから経常利益が黒字化するのは初めて。

最終損益は80億円の赤字を予想していたが40億円の赤字にとどまる見込み。