会見後一部記者団の取材に応じる新浪剛史社長≪撮影 小松哲也≫

ローソンの新浪剛史社長は14日、現在1日3回行っている店舗への商品配送を減らす方向で検討していることを明らかにした。

新浪社長は「3便体制が良いのか考えなくてはいけない。ガソリンや軽油をいかに少なくするかも必要だ。世界的にみれば非常に重要な資源なわけだから、そういった意味で3便体制を2便体制にするというようなことが社会的ニーズになってくるのではないか」と述べた。

さらに新浪社長は「2便にすれば発注の仕組みが大きく変わる。加盟店がそれに柔軟に応じられるかどうかだが、実験は終わっている」ことを明らかにした。その一方で「添加物を思いっきり減らすという逆張りみたいなこともやらなきゃいけない。そこにチャレンジしていく」と強調した。

14日におこなわれた決算会見≪撮影 小松哲也≫