レクサスLFA対ポルシェ911GT2 RS(動画キャプチャ)

レクサスのスーパーカー、『LFA』。同車とポルシェ『911』の最高峰モデル、『911GT2 RS』との加速競争映像が13日、ネット上で公開された。

この加速競争は、自動車メディアの『INSIDE LINE』が実施。同メディアは、レクサスLFAで全米各地を周遊する「LFAロードトリップ」を連載しており、その企画の一環として、LFAと911GT2 RSとの対決が実現した。

レクサスLFAは、2009年10月の東京モーターショーで発表。専用設計の4.8リットルV型10気筒エンジンは、最大出力560ps/8700rpm、最大トルク48.9kgm/6800rpmを発生する。フロントミッドシップ&トランスアクスルレイアウトにより、前後重量配分は48対52。ドライサンプオイル潤滑システムによって、低重心化も図られている。

トランスミッションは、パドルシフト付きの6速2ペダルMT「ASG」。ボディにはCFRP(カーボンファイバー強化樹脂)やアルミなどの軽量素材が導入され、車両重量は1480kgに抑えられた。0-100km/h加速は3.7秒、最高速は325km/hと、動力性能は世界トップレベルにある。

一方のポルシェ911GT2 RSは、2010年5月に発表。『911GT2』をベースに、90psのパワーアップと70kgの軽量化を実施した911シリーズの最強バージョンだ。3.6リットル水平対向6気筒ツインターボエンジンは、可変ジオメトリーターボなどに専用チューンが施され、最大出力620psを引き出す。

軽量化によって、車両重量は1370kgに抑えられ、パワーウェイトレシオは2.21kg/psと驚異的な数値。トランスミッションは6速MTで、0-100km/h加速は3.5秒、最高速は330km/hの実力だ。ポルシェによると、ドイツ・ニュルブルクリンクでのラップタイムは、7分18秒だという。

世界限定500台は、すでに完売したと伝えられる両車。0-400m加速競争の結果は、動画共有サイト経由で見ることができる。

レクサスLFA対ポルシェ911GT2 RS(動画キャプチャ) レクサスLFA対ポルシェ911GT2 RS(動画キャプチャ) レクサスLFA対ポルシェ911GT2 RS(動画キャプチャ) レクサスLFA対ポルシェ911GT2 RS(動画キャプチャ) レクサスLFA対ポルシェ911GT2 RS(動画キャプチャ)