セブン-イレブン・ジャパンは、今夏の東京電力管内での深刻な電力不足に対応するため、5000店舗をLED化するなどの自主行動計画と削減目標を策定した。

同社では、東日本大震災の発生以降、東京電力管内の店舗を中心に、店頭看板の消灯や日中の空調設備の休止など、節電に取り組んできた。さらに節電を強化するため、5月から順次、店内照明・店頭誘導看板のLED化や太陽光パネルの設置、実証実験中のスマートセンサーの設置など、対象店舗で工事を進める。

また、7月から9月にかけて空調やチルドケースの温度設定の見直しなども実行することで、電気使用量で昨年夏季比約25%削減する。

店内照明と店頭誘導看板のLED化を5000店舗で実施するほか、1000店舗に太陽光パネルを設置する。2000店舗では旧型設備を省エネタイプに入れ替える。

さらに、店内機器の電力使用量を把握できるスマートセンサーを約6000店舗に導入する予定。