画面イメージ

イーデザイン損害保険は14日より、スマートフォンによる自動車保険の各種サービスの提供を開始した。

契約者は、スマートフォンを通じたインターネットから、事故の連絡や事故対応状況の確認、契約内容の変更・更新の手続きなどを利用できる。また、これから自動車保険の加入を検討する場合は、見積もりから申し込みまでの一連の手続きを完結できる。

推奨環境(機種)は『GALAXY S』Android 2.2と『iPhone 4』iOS 4.3。イーデザインによると、iPhoneだけでなくGALAXY Sを対応端末とするのは業界初という。今後スマートフォン向けのサービスは、対応端末も含め、順次拡大していく予定だ。

現在イーデザインの事故受付はパソコン経由が全体の5%。東日本大震災でもmixiやFacebookなどのSNS、twitterが活用されており、主要端末となるスマートフォンへの対応へのニーズが従来以上に高まるとイーデザインは判断した。

NTTドコモは、スマートフォンの販売について、2010年度で250万台、2011年度で600万台を見込んでいる。

画面イメージ